企業情報
※みなとパーク芝浦【JV】(竣工:2014年)
Company
企業情報
ご挨拶

不二建設は創業以来、「一流の品位」、「最高の技術」、「誠実の実践」を社訓とし、最高の技術と最善のサービスを提供し、お客様の信頼を得ることをモットーとして、多くのお客様とともに歩んでまいりました。

私どもは、先達が築きあげた信用を礎に、建築という源流から外れることなく「ほんもの」を造り続け、常に時代の一歩先を見つめて技術と精神を磨き、「築く」ことの喜びを誇りとし、それらを継続する真摯な姿勢こそが重要であると肝に銘じて精進する覚悟です。

今後とも、豊富な経験と実績を基盤に、常に技術の向上に努め、時代の要請、お客様の多様なニーズに適確に、迅速に、柔軟にお応えできる質の高い技量を備えた企業であることを目指し、豊かな社会づくりに貢献できるよう努めてまいります。

どうぞ、より一層のご支援とご愛顧を賜りますよう、心からお願い申し上げます。

不二建設株式会社
代表取締役社長 米川 忠男

Management Principle
社訓
  • 一流の品位

    一流というのは、文字通り「一筋の流れ」を意味します。不二建設には、建築という源流があり、そこから始まった様々な事業が、様々な可能性をひらき、その流れをより大きく広くしてゆくことが企業活動です。そして企業活動を「品位」、つまり「ほんものの良さ」を目指して行うことで素晴らしい世界が築かれるのです。一筋の流れを育てる確かな意志をもって「ほんもの」をつくり続けてゆく。これが不二建設の理念です。

  • 最高の技術

    日々進化を遂げる技術にとって、「最高の技術」ということは時代の先を読み込んだ技術、ということです。-Advanced Architecture-未来を予見する建築、というエンジニアリングを手始めに、多種多様な分野にわたる、革新的な技術を獲得し続けなければなりません。人々のより豊かな未来のために、自然・人・文化の素晴らしい関係を築き上げるための、様々な先進的アプローチ。これが不二建設の技術です。

  • 誠実の実践

    不二建設の「一筋の流れ」を守り育むためには、建築という源流を大切にすると同時に、いかに応用するかに尽きます。人々の生きる空間を創り、アクティブな都市を構築し、さらには、生活のすべてに「アメニティ」を生み出してゆく。そのためには多彩なニーズに応えるための、豊かな感性と磨かれた技術はもちろん、それらを持続する真摯な姿勢こそが不可欠です。時代の要請に誠実に応える。これが不二建設の姿勢です。